神奈川工科大学生が贈るクラブ情報マガジン KAIT Express
ホーム > 個人情報保護方針
サイトマップ

プライバシーの考え方が適用される範囲

プライバシーの考え方は、学生広報チームの利用規約の一部を構成しており、ユーザーが学生広報チームのサービスを利用するときに適用されます。また、学生広報チームがユーザーから取得した個人情報は、プライバシーの考え方に従って管理されます。学生広報チームのプライバシーの考え方は、学生広報チームに広告を掲載している広告主などがそれぞれユーザーのみなさまから取得している個人情報については適用されません。また、学生広報チームのユーザー以外の方には適用されません。

情報の取得と利用

  • 学生広報チームは、ユーザーが学生広報チームのサービスをご利用いただいたりページをご覧になったりする際に、ユーザーに関する情報を自動的に取得することがあります。また、ユーザーが学生広報チームに会員登録される際、個人情報をお尋ねします。学生広報チームにお問い合わせをいただく際に個人情報をお尋ねする場合もあります。
  • 学生広報チームが取得したりお尋ねしたりする個人情報は、学生広報チームのサービスまたは学生広報チームを経由してご利用いただくサービスを提供するために必要なものに限られています 。
  • 学生広報チームがユーザー情報の登録をお願いする際、学生広報チームはユーザーの氏名、メールアドレス、生年月日、性別、郵便番号、職業、業種などをお尋ねすることがあります。
  • 学生広報チームはユーザーのIPアドレス、 クッキー情報やユーザーがご覧になった広告・ページ、ユーザーのご利用環境などの情報をユーザーのブラウザから自動的に受け取り、サーバーに記録します。

学生広報チームは学生広報チームが取得した情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

  1. 提供しているサービスを、よりユーザーのみなさまに適したものとしたり、充実させたり、改善したり、新しいサービスを検討したり、アンケートの対象の抽出を行ったりするために、ユーザー属性に関する情報を利用する場合があります。
  2. 広告主や情報提供元などに、どのような広告や情報、サービスなどを掲載または提供していただくことが効果的であるかを分析して提供するために、ユーザー属性に関する情報を分析したり、分析のためのアンケートの対象の抽出を行ったりするなどして利用する場合があります。なお、個人が特定されるような情報が分析結果に含まれることはありません。
  3. ユーザーにサービスに関するお知らせをしたり、賞品や商品を送付したり、必要に応じて連絡をするために、メールアドレスや住所などの連絡先情報を利用する場合があります。
  4. ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために、学生広報チームに登録されている情報を入力画面に表示させたり、ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなどに転送したりする場合があります。

情報の開示

学生広報チームは、個人情報を販売したり貸し出したりすることはいたしません。以下の場合に、学生広報チームは個人情報を第三者に提供することがあります。

  1. 情報提供について本人の同意がある場合。
  2. 裁判所から、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成十三年十一月三十日法律第百三十七号)に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合、または、警察などの公的機関から、刑事訴訟法(昭和二十三年七月十日法律第百三十一号)などの捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合。
  3. 学生広報チームまたは提携先が提供するサービスの利用に関連して、ユーザーが法令や利用規約、ガイドラインなどに反し、第三者または学生広報チームの権利、財産、サービスなどを保護するために必要と認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合。
  4. 人の生命、身体および財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合。

クッキーについて

  1. 学生広報チームは学生広報チームのクッキーをユーザーのコンピュータに保存し、参照することがあります。
  2. 学生広報チームのページで広告を表示している会社が、ユーザーのコンピュータ内にクッキーを保存し参照することがあります。この場合、広告主によるクッキーの利用は、広告主自身のプライバシーの考え方に従って行われます。広告主やその他の会社が、学生広報チームのクッキーを参照することはできません。
  3. 学生広報チームは、学生広報チームから配信された広告を表示する他社サイト上で、ユーザーのコンピュータ内にクッキーを保存し、参照することがあります。この場合、クッキーは、他社に提供・開示されることはなく、学生広報チームのプライバシーの考え方に従って利用されます。