神奈川工科大学生が贈るクラブ情報マガジン KAIT Express
神奈川工科大学KAITスタジアム
スタジアム全景

まずは、スタジアムの概要を紹介。

情報学部棟12階カフェテラスから綺麗に映える「KAITスタジアム」。あの横浜スタジアムと大リーグのスタジアムの仕様を参考にし、独自に設計されたすごいスタジアムなのをご存知ですか?スタジアムに一歩踏み入れると、そこは別世界。ここは「大学だよね?」と違和感を覚える程、立派な設備が整えられています。KAITスタジムの総面積は、12,483平方メートル。横浜スタジアムが13,000平方メートルなので、ほぼ横浜スタジアムと同じ大きさ。と言われてもピンッと来ないと思う方も多いのでは? 身近なモノで表すと情報学部棟10フロア分の広さ。

スタジアムの総建設費は7億円。高いように聞こえますが、他の球場に比べると低価格。本学の部活動以外に、教育活動や一般にも開放される多目的施設なので、妥当なところでしょう。また一試合における1時間の消費電力が平均207kwh、1試合は大体3~4時間かかるので・・、一般家庭の金額に表してみると・・・¥14,501~¥19,224程度かかる計算。電気料金は全く違うので何とも言えませんが、一般家庭の2ヶ月分くらいの金額に相当です。


651席も用意されている

グラウンドとつながっている

トイレと洗面所。明るく清潔感が◎

どんな方でも使えるよう用意されている

練習後は汗を流すことができる

全部で126個のライトが明るく照らす